ピンバーは反転のシグナル!強力なトレード手法のFXチャートでの活用方法とは?

ピンバーは反転のシグナル!強力なトレード手法のFXチャートでの活用方法とは?

ローソク足にはいくつかの必勝パターンがあることがわかりました。その中でも強力なサインとされるピンバーについて調べてみます。

ピンバーは為替相場の流れの反転のシグナルだといいます。ただし反転の合図であって継続ではないというところもポイントの様です。

その形状は特徴的でありながらもたくさんのローソク足のなかに紛れるとわからなくなってしまう人も多いようです。その見つけるポイントも探ってみましょう。

スポンサーリンク
広告1

ピンバーの種類?

FXチャートのローソク足のなかには、良いピンバーとあまり良くないピンバーというのが存在するもの事実。どちらも判別できるようにしなければなりません。

ローソク足自体の形状も判別のポイントですが、出現する位置も大切になってくるようです。条件を探してみました。

ちなみにピンバーはピンのような形状からそうよばれるのかと思ってましたが、ピノキオの鼻っぽいから略してピンバーと言うみたいですよw。

良いピンバーの条件

良いピンバーの条件とは?

・基本条件としてローソク足の実体より長い髭。

・ヒゲは長いほど反転の可能性が高い良いピンバー。

・ローソク足の実体は高値・安値の半分以下になっているものが理想

出現する位置は?

出現位置でたいせつなことは、発生する前にトレンドがあるということ。揉み合い相場でのピンバーハ良いピンバートハ言えないようです。

良い条件となるピンバーをまとめると、ポイントは以下の3つ。

①髭の長さ
②ローソク足の実体の大きさと位置
③発生位置

ピンバーの活用方法

時間足に関係なくピンバーはチャート上に出現しますが、大きな時間足になればなるほど有効性は高いということです。

ピンバーを見かけたら迷わずに仕掛けろと言うくらい強力なサインです。使いこなせるようになりたいものです。

いくつかの手法を取り上げてみました。

ピンバーとトレンドライン

トレンドラインとピンバーの組み合わせ。

ピンバーとトレンドライン

[引用]
ダウ理論の高値と安値の切り下げや切り上げを確認して、ラインを引いてピンバーが出現して確定した次の足で積極的に仕掛けていくというのもありです。

リスクが高いようであれば見送ることも時には大切です。
(toku-q)

ピンバーと移動平均線

ピンバーと移動平均線の組み合わせ。

ピンバーと移動平均線

[引用]
下落トレンドの戻しの天井付近にキレイに出現しているピンバー。

ローソク足だけでなく、移動平均線も組み合わせてエントリー(入口)とエグジット・ストップ(出口)を考えることで効率よくリスクを最小限に抑えたトレードプランを組み立てることも可能になります。
(toku-q)

ピンバーとレジスタンスラインやサポートライン

主要なレジスタンスラインやサポートライン付近でピンバーが出現したら逆張りを狙います。

ピンバーとレジスタンスラインやサポートライン

[引用]
主要なレジスタンスラインを下抜けしたあと、そのレジスタンスラインに戻ってきたところで売りのピンバーが出たら空売りを狙います。

明確なトレンドが発生している状態で、トレンドに逆らう値動きの中でピンバーが出現したらプルバックエントリーを狙います。プルバックとは押しや戻しの値動きのことです。
(sokusenryoku)

様々な場面で出現するピンバー。しかし、その内容はしっかりとした判断をひつようとするものでした、

誤った読みをすると大きな損失にもなりかねません。場数を踏んでしっかりと見極められるようになりたいものですね。

 
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です