ローソク足の必勝パターン?FXチャートの読み方一つでぜんぶ私のターンにする♪

ローソク足の必勝パターン?FXチャートの読み方一つでぜんぶ私のターンにする♪

FXチャートのローソク足が為替相場の推移を凝縮したものということがわかりました。そしていくつものパターンがあるらしいということも。

そのなかで、こうきたら次はこう来るかも?という必勝パターンがあるらしいという情報がっ!!それは聞き捨てなりませぬ!

100%ではないにせよ、確率の高い部分を狙うのがこの社会におけるセオリーです。ローソク足のパターンなるものを調べてみましたよ。

スポンサーリンク
広告1

ローソク足の必勝パターン?

はい、100%ではないようです。でも高確率で相場の次の動きを予測することができそうなパターンがあるということです。そのキーワードは次の4つ。

・ピンバー(上ヒゲ、下ヒゲ)
・含み線
・合成ピンバー
・含みピンバー

・・・どれも全く聞き覚えのない世界。初心者とはかくも過酷なものなんでしょうか。いや、そのためのお勉強でございます。ひとつずつクリアしていきましょう!
( ゚Д゚)9よっしゃ!

ピンバー?しかも上ヒゲと下ヒゲ?

ヒゲの長さが長く、チャート上の良い位置で出現するものをピンバーというらしいです・・・は?なにが良い位置なのかわからないのですがそれは・・・w。

こういう場合はまず例を見るのが手っ取り早いです。良い位置もわかるかもしれませんし。ってことでどんっ!

ローソク足ピンバー

んんん!?ピンバーとは?

[引用]
この例では、下ヒゲが長いことと、サポートラインを下抜けると見せかけて下ヒゲになっているところが特徴です。
(sokusenryoku-fx)

ヤバイです。何言ってるのかさっぱりわかりません(汗)。ひとつひとつ、着実に!です。頑張れわたし!まずはサポートラインです。

サポートラインとレジスタンスラインとは?

こんなときはまずGoogleせんせに聞くのが一番!ってことで。

[引用]
サポートラインとは、日本語で下値支持線といい、底値圏で下落する値段を支えている価格帯のことをいいます。言い換えると、チャートで安値で止まっているところに引くことができる水平線のことをいいます。

レジスタンスラインとは、日本語で上値抵抗線といい、天井圏で上昇する値段の抵抗となっている価格帯のことをいいます。言い換えると、高値で何度も上昇が止められている価格帯に引くことができる水平線のことをいいます。
(Googleせんせ)

なるほど相場の動きで上下のだいたいの目安ってことですね。ふぅこれで先に進めそうです。

とにかくピンバーとは、絶好の逆張りチャンスということのようです。つまり売りだった流れが買いに、買いだった流れが売りに転換するターニングポイントといったところでしょうか。

ピンバーは反転のシグナル!と覚えておくのが良さそうです。

含み線|エングルフィンバーってなに?

こちらは2本のローソク足で読み取れるパターン。2本目のローソク足が1本目と反対方向のローソク足でかつすっぽりと含んでしまうパターン。

1本前のローソク足を含むだけでなく、複数のローソク足を含むとさらに強力なパターンとなります。

含み線|エングルフィンバー

3倍以上で包むのが理想とか

含み線の実態部分、つまり値幅は大きいほど勢い(ボラティリティー)があるという見方です。長いほど大きなチャンスと考えます。

含み線もピンバーと同じように相場の転換、反転する合図です。しかし含み線が有効なのはスイングハイやスイングローで出現したときだけ!これは重要です。限定なんですねー。

合成ピンバーは隠れピンバー?

2本のローソク足から成る隠れピンバーということになるようです。パターンが完成するのに時間がかかったという解釈のようです。

合成ピンバーは隠れピンバー

合わせれば同じってことですね

つまり区切った時間の中では2本のローソク足になってますが、まとめると結果的にピンバーじゃないですか!ということですね。

ということはピンバーと同じ逆張りのチャンスと見ていいようです。

含みピンバー?

ことなればこちらは含み線とピンバーの条件を同時に満たすというもの。含み線とピンバーが同時に起こっているという解釈。この中では一番強力なシグナルとなります。

含みピンバー

む!これが好条件含みピンバーですか

こんな条件ちょっと難しい感じがしますが、整理すると着目するべき点は二つのパターン。

・前の1本のローソク足をすっぽりと含むピンバー

・含み線のうち、いい感じの方向に大きなヒゲができている

ピンバーのなかの良い含み線と含み線の中での良いピンバーという探し方みたいですね。これならなんとかなりそうです。

ざっとご紹介しましたが、このシグナルを見つけたところでそれをどう活かすのか?ここ重要です。
次はその使い方を掘り下げねばなりませんね。また課題が増えたw。

 
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です