FXはスマホ対応時代?便利な機能満載ツール!機能&メリットとデメリットを確認

FXはスマホ対応時代?便利な機能満載ツール!機能&メリットとデメリットを確認

最近では何をするにもスマートフォン。FXも例外ではありません。対応しているFX会社も多いようです。タブレット対応も増えてきました。

googleせんせいの検索結果もスマホに対応しているかどうかで順位が変わってくるようになったので、各社対応には必死のはず。

今では専用アプリも多数でたきました。そんな便利なスマホですが、FX取引に仕様するにあたってどんなメリット、そしてデメリットがあるかを調べました。

スポンサーリンク
広告1

FXにスマホを使うメリットとは?

いまやガラケーを抜いて一番シェアが多いスマホ。PCページも閲覧できるので、これまでのいわゆるケータイとは情報量が圧倒的に変わってきました。

そんな便利なスマホです。リアルタイムの情報が必須のFX為替取引に使わない手はないというわけです。

いろいろと早い

まずPCと比べて素早く対応できるということ。そもそもPCを立ち上げる作業がスマホにはないですからね。

ニュースやチャートの確認も素早くできますし、変動に即座に対応して決済まですることが可能です。

リアルタイムの情報が大切になってくるFXとは相性が良いということですね。

どこでも取引可能

各FX会社が提供しているスマホアプリはだいたい決済までできるようになっています。

場所を選ばずいつでもどこでも使えるのがスマホの最大のメリット。つまりどこでもFX取引が可能になったというわけです。

これなら出先での情報確認や決済もできるので、PCに張り付き状態にならずに済みそうです。

FXスマホアプリ

便利ですねー。

FXスマホアプリでできること

FX会社ごとにいろいろな機能を提供しているので、アプリもそれぞれ違ってきます。多くは以下のような機能を備えているようです。

・注文機能
・テクニカルチャート
・ニュース・情報配信
・レート情報
・各種アラート機能

この他にも独自のツールがあったりと、各社バラバラなので、一度試してみるのがよさそうです。

アプリ自体はだいたい無料で提供されていますから、比較はした方がいいですね。

FXにスマホを使うデメリットは?

これだけ便利な機能を兼ね備えたスマホですが、その設計上バッテリーの管理は必須です。アプリを立ち上げていると結構バッテリーの消費は激しいですから。

更にはどこでもつながるとはいえ、100%ではないことはお忘れなく。電波状況によってはつながらない場所もあったりします。

ということで注意しておきたい部分も多々あります。事前に確認しておけるようにまとめましたよ。

FXスマホアプリの対応機種

webで情報を拾うならどれでも大丈夫ですが、アプリを使うとなると対応機種がでてきます。それほどシビアな線引きはないですが、あまり古い世代のスマホですと対応していないこともあります。

あとはAndroidとiPhoneの違いもあります。まれに片方だけ対応というものもありますので、そこは注意が必要です。タブレット対応も事前確認必須です。

スマホのスペックにも注意

先ほどの対応機種にも関連してきますが、スマホのスペックって結構大事です。初期の頃と比べると処理速度が全然違います。

処理が早ければ情報をつかむのも早くなるということです。ただ、あまり最新すぎると、アプリの対応が追い付いていないこともあったりするので注意w。

回線状況・電波状況

スマホやタブレットの回線は通常ケーブルを使いません。携帯の回線やWi-Fiを使ってインタネットはつなげるわけですが、電波の届かない場所もあります。

回線速度の問題も重要です。チャートデータの取得に時間がかかり過ぎてはせっかくのチャンスを逃すことにもなりかねません。

便利になったスマホ環境ですが、必ずしも良いことだけではありません。スマホとPC、どちらも柔軟に対応できるのがよさそうですね。

 
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です