イエレン議長「利上げは良いけどまだだから」米金利は据え置き決定も年内にある?

イエレン議長「利上げは良いけどまだだから」米金利は据え置き決定も年内にある?

アメリカさんの金利に注目が集まる日々が続きましたが、どうやらもうしばらく利上げは見送り決定の様子です。

ただイエレン議長曰く年内にも利上げとなる可能性もあるということみたいです。

スポンサーリンク
広告1

利上げは海外情勢次第?

米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利据え置きとなったことを17日に発表しました。

[引用]
イエレン議長は会見で、米経済はおそらく利上げを正当化するほど良いとし、「今後もこうした状況が続くと見込む」と指摘。だが「海外情勢をめぐる不透明性の増大を踏まえ、FOMCは待つことが適切と判断した」と説明した。その上で「米国と諸外国の経済・金融上の関わりの深さを踏まえると、海外情勢を注視する必要がある」とし、海外の動向が事実上、FRBの手足を縛ったとの考えを示した。

声明も「最近の世界経済、金融動向は経済活動をやや抑制し、インフレに目先、一段の下向きの圧力を加える可能性がある」と指摘。
(ロイター)

これを受けて年内にも一度は利上げがあるという意見が多いようです。

米連邦公開市場委員会(FOMC)

利上げは誰得?

米利上げが開始されると銀行にお金が流れてきます。銀行は多くの融資案件でより高い金利を設定できるというわけ。

しかし預金者の金利を上げるのはまだ先になりそうとのこと。

金融危機以降の大規模緩和の影響で、既に銀行にかなりの資金が蓄えられているため、預金者が他の銀行に多少移ったところで余裕ということです。

直接お金に絡む話題です。FXにも影響がありそうですがどうなんでしょうか。

 
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です