2015年末のFXニュース|12月30日

2015年末のFXニュース|12月30日

ドル上昇、リスク選好によるユーロ売り影響=ny市場 [ニューヨーク 29日 ロイター] – 終盤のニューヨーク外為市場では、ドルが上昇した。原油高、株高でリスク選好地合いとなる中、キャリートレードでファンディング通貨となっているユーロがドルに対して売られた。
米国株式市場は反発、ハイテク株とエネルギー株が上昇 [ニューヨーク 29日 ロイター] – 米国株式市場は反発。アマゾン・ドット・コムとアップルの両銘柄がハイテク株の上げを主導したほか、原油相場の持ち直しを受けてエネルギー株が値上がりした。
Ny債券概況 原油買い戻しで利回りも大幅上昇 【原油買い戻しで利回りも大幅上昇】 米国債利回り(NY時間16:27) 2年債 1.091(+0.084) 10年
Ny株式概況 大幅高 原油反発を好感 小売り、itが堅調 【原油反発を好感 小売り、ITが堅調】 NY株式29日(NY時間16:15) ダウ平均 17720.98(+192.7

スポンサーリンク
広告1

ユーロが対ドルで下落

原油価格の戻りでリスク選好が高まるなか、ユーロに売りが出た。一方、ブラジルレアルやロシアルーブルなど新興国通貨は対ドルで値上がりした。
12月29日のny為替概況 29日のニューヨーク外為市場でドル・円は、120円51銭へ上昇後、120円34銭へ弱含み120円40銭で引けた。
Ny金概況 横ばい 全体的に動意薄の展開 【横ばい 全体的に動意薄の展開】 NY金先物2月限(MEX)(終値) 1オンス=1068.00(-0.30 -0.03%

Ny原油概況 反発 米在庫統計を前に買戻し膨む 【米在庫統計を前に買戻し膨む】 NY原油先物2月限(WT)(終値) 1バレル=37.87(+1.06 +2.88%)
米コモディティ騰落率ランキング 天然ガスが上昇 米コモディティ騰落率ランキング=12/29営業日時点= NY天然ガス 6.46% NYヒーティングオイル
Ny市場 他金融市場 5時台 シカゴ日経平均先物は19185円 NY株式29日(NY時間15:14) ダウ平均 17737.87(+209.60 +1.20%) ナスダック 5114.53(+73.

2015年末のFXニュース|12月30日
【ディーラー発】ユーロ売り一服(Ny午後) 目新しい判断材料に乏しく、序盤に強まったユーロ売りの流れが一服。ユーロは対ドルで1.0941付近まで、対円で131円73銭付近まで持ち直した。ポンドドルは1.4829付近まで、ポンド円が178円58銭付近まで買い戻されるなど午前の巻き戻しが優勢。また原油価格が一段高となり、豪ドル円が87円85銭付近で底堅く推移、カナダ円が87円11銭付近まで上伸した。一方ドル円は対主要通貨でのドル売りを受け、一時120円33銭付近まで売られる場面が見られた。5時38分現在、ドル円120.400-410、ユーロ円131.675-695、ユーロドル1.09341-349で推移している。
Ny原油 終値 2.88%高 NY原油先物2月限(WT)(終値) 1バレル=37.87(+1.06 +2.88%)
Ny市場 他金融市場 4時台 ダウ平均は204ドル高 NY株式29日(NY時間14:11) ダウ平均 17733.13(+204.86 +1.17%) ナスダック 5109.86(+68.
Ny午後、加ドルは一段高 ドル円は膠着続く NYタイム午後、引けにかけたNY原油の上げ幅拡大も背景に加ドルは一段高。ドル/加ドルは1.3820加ドル、加ドル円は87.14円まで加ドル高に振れている。一方で200ドルを超えるダウ平均の上昇や、上昇を続ける米長期金利の動向をよそにドル円は120円半ばで膠着。
Ny個別株 クアルコム続伸 ライセンス事業が好調 【クアルコム続伸 ライセンス事業が好調】 半導体のクアルコムが続伸。今月中旬の決算発表以降、買い
Ny金 終値 0.03%安 NY金先物2月限(MEX)(終値) 1オンス=1068.00(-0.30 -0.03%)
Ny金:続落で1068.00ドル、ドル高で割高感による売りが圧迫 NY金は続落(MEX金2月限終値:1068.00↓0.30)。1072.60ドルを高値に、1066.70ドルまで下落した。NY原油
Ny個別株 トライアンフが大幅高 新ceoがようやく決定 【トライアンフが大幅高 新CEOがようやく決定】 航空部品メーカーのトライアンフが大幅高。新CE
Ny市場 他金融市場 3時台 5年債入札受け利回り上昇の反応 NY株式29日(NY時間13:09) ダウ平均 17697.11(+168.84 +0.96%) ナスダック 5096.00(+55.
ロイター: ビジネス 2
10月米ケース・シラー住宅価格指数上昇、やや加速 [ニューヨーク 29日 ロイター] – スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が29日に発表した10月のS&P/ケース・シラー住宅価格指数は、主要20都市圏の住宅価格動向を示す指数が前年同月比で5.5%上昇した。9月の5.4%上昇からやや伸びが加速した。市場予想の5.4%も上回った。
米5年債入札結果 最高落札利回り 1.785% 最高落札利回り 1.785%(予想 1.769%) 応札倍率 2.32倍(前回2.52倍)
Ny市場 利下げも警戒される中、投機筋は加ドルのショートを積み上げる 【利下げも警戒される中、投機筋は加ドルのショートを積み上げる】 原油の鏡相場となっている加ドルだ
欧州株 終値 欧州株式29日終値 英T100 6314.57(+59.93 +0.96%) 独DAX 10860.14(+206.23 +1.94%) 仏A4
Ny市場 他金融市場 2時台 シカゴ日経平均先物は19140円 NY株式29日(NY時間12:09) ダウ平均 17682.22(+153.95 +0.88%) ナスダック 5089.67(+48.
ロイター: ビジネス 3
12月の米消費者信頼感上昇、予想上回る [29日 ロイター] – コンファレンス・ボード(CB)が29日発表した12月の米消費者信頼感指数は96.5と、前月の92.6(上方修正)から上昇し、市場予想の93.8を上回った。
Ny市場 ユーロ円も下値模索続く 131円台半ばを維持できるか注目 【ユーロ円も下値模索続く 131円台半ばを維持できるか注目】 日本時間1時のロンドン・フィキシングに
【市場反応】米12月消費者信頼感指数、予想上回りドル買い継続 外為市場では予想を上回った米国12月消費者信頼感指数を好感したドル買いが継続した。ドル・円は120円45
値動き落ち着く ドル円は結局目立った動意なし ロンドンのフィキシングを通過し、各通貨の動意は一巡した。ユーロドルは1.19ドル前半、ポンドドルは1.47ドル後半で下押しが一服。反対に豪ドル/ドルは0.72ドル後半、NZドル/ドルは0.68ドル後半で伸び悩んでいる。欧州通貨安・資源国通貨高が明確になるなか、ドル円は結局120円半ばで横ばいだった。
【ディーラー発】ユーロ売り先行(Ny午前) NY勢参入後、ユーロ売りが先行。ユーロは対ドルで一時1.09を割り込み、対円で131円35銭付近まで下値を拡大。また、ポンドもユーロにつれて対ドルで1.4785付近まで、対円で178円10銭付近まで下落し引き続き軟調。一方ドル円は、NYダウや米債利回りの上昇を支えに120円49銭付近まで僅かながら本日高値を更新。そうしたなか、原油価格が上昇したことで豪ドル円が87円90銭付近まで、カナダ円が87円05銭付近まで買われるなど資源国通貨も堅調。1時52分現在、ドル円120.447-457、ユーロ円131.563-583、ユーロドル1.09205-213で推移している。
Ny市場 他金融市場 1時台 米30年債は一時3%台に上昇 NY株式29日(NY時間11:25) ダウ平均 17704.54(+176.27 +1.00%) ナスダック 5095.95(+54.
Ny速報 ロンドンフィキシングにかけユーロ売り強まる 【ロンドンフィキシングにかけユーロ売り強まる】 日本時間1時のロンドンフィキシングにかけユーロ売り
Ny市場 ポンドは一向に反転の兆し見えず、4月以来の安値水準 【ポンドは一向に反転の兆し見えず、4月以来の安値水準】 ポンドの下げが止まらず、ポンドドル、ポンド
■Ldnx=欧州通貨安・資源国通貨高に振れる ロンドンのフィキシングにかけては欧州通貨が売られた一方、資源国通貨が総じて堅調に推移した。気に留めるべき材料があったわけではなく、年末・四半期末に絡んだクロスでのフローが主な要因。流動性が乏しく値段が軽かったことも影響している。 欧州序盤から軟調だったポンドドルは1.4786ドルまで一段安。4月以来の安値を塗り替えた。ポンド円は178.13円まで下値を拡大。ユーロドルはまとまった売りで1.0899ドルまで急落。ユーロ円も131.38円まで下げ足を早め、ユーロポンドでのユーロ高にも巻き戻しが入った。ドル/スイスフラン(H)は一時0.9944H、H円は121.20円までH安で推移。 一方で資源国通貨は堅調。欧米株高や原油の反発によるセンチメントの改善と、対欧州通貨での買いにサポートされた。豪ドル/ドルは0.7302ドル、NZドル/ドルは0.6883ドル、ドル/加ドルは1.382
ユーロ売り再開 対ドルは1.09ドル割れに迫る いったん下押しから持ち直しにあったユーロは売りが再開。ユーロドルは1.0903ドルまで下値を広げて1.09ドル割れに接近。ユーロ円は131.40円まで下値を拡大させている。ポンドやスイスフランも重いまま。
ロイター: ビジネス 4
投資資金、金融市場や商品資産に流入=baml [ロンドン 29日 ロイター] – 米バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチ(BAML)がまとめたデータによると、22日までの4日間は、投資資金が金融市場や商品資産に流入する動きがみられた。
Ny市場 米消費者信頼感指数への反応は限定的 雇用、所得とも概ね良好 【米消費者信頼感指数への反応は限定的 雇用、所得とも概ね良好】 先ほど発表になった12月の米消費者
米国経済指標【消費者信頼感指数】 *消費者信頼感指数(12月)30日0:00 結果 96.5 予想 93.5 前回 90.4(つづきはこちらから)
Ny株式オープン 原油と伴に反発して始まる 【原油と伴に反発して始まる】 NY株式29日(NY時間09:52) ダウ平均 17696.91(+168.64 +0.96%
Ny市場 ドル円は120円台半ばで膠着 【ドル円は120円台半ばで膠着】 ドル円は120円台半ばで膠着した相場展開が続いている。東京勢は年末年
【市場反応】米10月&Pケース・シラー住宅価格指数、ドル堅調 外為市場では米国の住宅価格の上昇を受けてドル買いが継続した。ドル・円は120円40-45銭、ユーロ・ドル
米・12月消費者信頼感指数 米・12月消費者信頼感指数 前回:90.4(改訂:92.6)予想:93.8結果:96.5
Ny金 上昇して始まる NY金先物2月限(MEX)(NY時間09:16) 1オンス=1071.40(+3.10 +0.29%)
Ny原油 反発して始まる NY原油先物2 月限(WT)(NY時間09:13) 1バレル=37.66(+0.85 +2.31%)
Ny債券 2年債利回りの上昇続く 各国の長期金利(NY時間09:12)(%) 米2年債 1.067(+0.061) 米10年債 2.253(+0.023) 米30年債
Ny市場 ユーロの売り強まる 原油反発の中、上値重く見切売りも 【ユーロの売り強まる 原油反発の中、上値重く見切売りも】 NY勢が参加してきて、ユーロドルの売りが
米国経済指標【&Pケースシラー住宅価格】 *&Pケースシラー住宅価格(10月)23:00 結果 5.54% 予想 5.60% 前回 5.36%(5.45%から修正)(20
Ny市場 株高、原油高で豪ドルに買い 欧州株や米株先は一段高になっており、株価動向に反応しやすい豪ドルにも買いが入った。原油価格が上昇し
ダウ採用銘柄 時間外取引 高安まちまち 銘柄名 ドル換算値 NY終値比(%) エクソン 79.62 +0.88(+1.12%) ナイキ 64.39
米・10月ケース・シラー住宅価格指数 米・10月ケース・シラー住宅価格指数(前年比) 前回:+5.5%(改訂:+5.4%)予想:+5.6%結果:+5.5% 米・10月ケース・シラー住宅価格指数 前回:182.91(改訂:182.73)予想:183.28結果:182.83
Ny市場 ポンド安にユーロも連れ安 欧州時間午前にポンドは売り優勢に転じて一段安に推移するなか、底堅さを保っていたユーロにも売りが入り
Ny市場 このあとのイベント 【米国】 *&Pケースシラー住宅価格(10月)23:00 予想 5.60% 前回 5.45%(20都市・前年比) *
ユーロにも売り 個別フローで動意づくもドル円はレンジ継続 ポンドが下げを続ける一方、ユーロポンドでのユーロ高に支えられていたユーロも失速。ユーロドルは1.0943ドル、ユーロ円は131.77円まで、薄商いのなかで売られた。一方で豪ドル/ドルは0.7284ドル、豪ドル円は87.67円と豪ドルが小幅高。全体の方向感が定まらないなか、ドル円は120.35円前後とレンジが継続
ポンドドルは1.48ドル割れ 対ユーロでもポンド安続く ポンドドルは1.4798ドルまで下値を拡大。1.4800ドルの厚めの買いもこなした。ポンド円も178.15円まで安値を塗り替えたほか、ユーロポンドでもユーロ高・ポンド安傾向が続いている。年末・四半期末に絡んだフローによる下値模索の様相。
Ny市場 米金利一段高、2年債は5年8ヶ月ぶり水準 本日は原油価格の反発とともに株式には買いが入り、米債利回りは上昇、2年債では2010年4月以来の高水準を
ロンドン為替概況 ドル円堅調 ポンドは買い先行も下落に 29日のロンドン市場でドル円は堅調に推移した。欧州株や米株先に買いが入るなか、米債利回りは上昇してお
欧州株 前半は全面高 東京時間21:17現在 英TE100 6273.84(+19.20 +0.31%) 独DAX 10808.51(+154.60 +1.44%) 仏
ロンドン市場 原油価格堅調も加ドルは売り優勢 本日は原油価格が反発していることから加ドルには買いが先行したものの、一転して売り優勢。特に材料が出
欧州為替:ロシアルーブルは年初来安値を更新、ブレント原油の下落で ロシアルーブルは原油安を背景に年初来安値を更新した。今日の取引で一時1ドル=72.84ルーブルまで下落。
欧州株 4連休明けの英株は4日続伸 東京時間20:36現在 英TE100 6271.32(+16.68 +0.27%) 独DAX 10811.61(+157.70 +1.47%) 仏
反発か、欧州・アジア株の上昇を好感 『米株式市場』 28日のNY市場は下落。中国の11月工業利益が6ヶ月連続の減少となり、中国株が下落した流
【ディーラー発】ドル買い優勢(欧州午後) 午後に入り、NYダウ先物や米債利回りの上昇を背景にドル買いが優勢となった。ドル円は、東京時間の高値を上抜けると120円48銭付近まで本日高値を更新。一方、ユーロは再び売りに傾斜し対ドルで1.0965付近まで、対円では132円06銭付近まで軟化。また、午前から売りが強まっていたポンドは対ドルで1.4825付近まで、対円で178円54銭付近まで続落するなど一段安の展開。20時57分現在、ドル円120.416-426、ユーロ円132.121-141、ユーロドル1.09690-698で推移している。
ロンドン市場 ポンドは買い先行一転、売り優勢 ポンドはロンドン朝方に買いが先行したが、一転して売り優勢の展開。全般的に年末で取引が閑散とするなか
欧州為替:ユーロは売り基調、リスク警戒の後退で ユーロ・ドルは一時1.0992ドルまで上昇し前日高値の1.0993ドルに接近したが反落。足元は1.0960ドル台まで
東京為替サマリー(29日) ■東京午前=市場参加者が少なく、動意薄    東京午前の為替相場は動意薄。原油安や欧米株安を背景に、反落して寄り付いた日経平均も一時プラス圏に浮上するなど方向感に欠ける動きで、手がかりとはならなかった。仲値にかけた実需筋の動意も見られず、ドル円は120.24円を安値に120円前半でもみ合い。 ユーロ円は132円前半、ポンド円は179円前半、豪ドル円は87円前半、NZドル円は82円半ば、加ドル円は86円後半の狭いレンジ内で推移。対ドルではわずかにドル安。ユーロドルは1.0983ドル、ポンドドルは1.4905ドル、豪ドル/ドルは0.7263ドル、NZドル/ドルは0.6865ドルまで小幅高。昨日に反落したNY原油先物は36ドル後半で戻りの鈍い動きとなったが、ドル/加ドルは1.3871加ドルまで調整による加ドルの戻りがやや優勢となった。 ■東京午後=株が底堅さ示すも、ドル円は120円前半で小動き
■Ldn午前=年末・四半期末のフローが交錯 ロンドン午前の為替市場ではポンドが重かった。対ユーロのポンド売りから、ポンドドルは1.4834ドル、ポンド円は178.67円まで軟化。手がかりは見当たらない。ユーロドルは1.0992ドルまで小高く推移する場面はあったが伸び悩んでいる。 ドル/加ドルは1.3929加ドル、加ドル円は86.46円まで加ドル安推移。NY原油先物はしっかりだったが、加ドル買いは優勢とならなかった。 豪ドル/ドルは0.7280ドル、豪ドル円は87.61円まで小幅高。低水準にある鉄鉱石や石炭の価格がやや持ち直しており、豪ドルをサポートしている側面はあるが、値動きはごくわずか。200日移動平均線を上回り、NZドル/ドルは0.6881ドルまで上昇も、次第に伸び悩んだ。NZドル円は82.80円まで堅調に推移。 ドル円は120.51円まで水準を切り上げたが、本日これまでの値幅は30銭程度にとどまっている。欧州株式市場は堅調。大
Ldn序盤まとめ=ポンドや加ドルが軟調、ユーロはもみ合い ・年末・四半期末のフローが交錯 ・ポンドや加ドルが軟調、オセアニア通貨はしっかり、ユーロはもみ合い ・円は強弱まちまち、ドル円は120円半ば
テクニカルポイント ユーロ円 雲が抵抗 テクニカルポイント 134.58 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間) 134.32 200日移動平均 134.07 (つづきはこちらから)
ロンドン市場 株高に米金利上昇 ドル円上押し 本日は原油価格が反発しており欧州株や米株先は上昇、米債利回りも低下から反転した。ドル円は値動き鈍か
29日の香港市場概況:ハンセン0.4%高で反発、様子見ムードが漂うなか動意を欠く展開 29日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比80.00ポイント(0.37%)高の219
Pg含む欧州株 各指数は上昇 東京時間19:25現在 英TE100 6278.35(+23.71 +0.38%) 独DAX 10828.54(+174.63 +1.63%) 仏
米株価指数先物 時間外取引 欧州株高とともに一段高 東京時間19:05現在 E-mn ダウ平均先物3月限 17522.00(+84.00 +0.48%) E-mn &P500先物3月限 20
欧州為替:ドル堅調も、前日高値が上値メドか 欧州株高が続いているほか前日売られた原油が底堅いことから、リスク回避は後退し、ドル・円は堅調地合い
加ドルはドルやユーロに対して軟調、原油はしっかり ドル/加ドルは1.3921加ドルまでドル高・加ドル安推移。原油は上昇しているが、東京タイムまでの加ドル高は巻き戻されている。対ユーロで加ドル売りがみられるなど、本日は加ドル売りフローが多いようだ。
ユーロ圏 10年債利回り格差 前日比縮小 ユーロ圏の10年債利回り(日本時間18:45時点)(%) ドイツ 0.587 フランス 0.943(+36)
欧州株 全面高 東京時間18:39現在 英TE100 6287.86(+33.22 +0.53%) 独DAX 10823.43(+169.52 +1.58%) 仏
日経平均テクニカル:続伸、Madは陽転シグナルを発生 29日の日経平均は続伸。一時18800円を下回る局面もみられたが、その後は5日線を支持線として19000円を意識
18時30分時点の日経平均先物は日中比90円高の19070円で推移、欧州主要市場は全面高 18時30分時点の日経平均先物は日中終値比90円高の19070円。ナイトセッションは強含む展開。為替市場では、
ドル円は小幅高、原油高・株高がサポート要因だが ドル円は120.51円まで小幅高に。原油高・株高がサポート要因だが、手がかりを積極的に消化していくようなムードはない。ユーロドルは1.0992ドルの高値から伸び悩み、ポンドドルは1.4864ドルまで弱含むなど、ややドル高に振れている。
アジア株 台湾株除き総じて上昇 東京時間18:28現在 香港ハンセン指数 21999.62(+80.00 +0.36%) 中国上海総合指数 3563.74(+29
ロンドン市場 ユーロポンドに買い ユーロポンドに買いが入ったようで、ユーロドルは一段高、ポンドドルは反落した。ただし値幅は限定的。年
欧州為替:ドル小じっかり、欧州株高など受け 欧州株式市場で主要指数が総じて上昇しているほか前日売られた原油が底堅いことから、リスク回避が後退し
東京マーケット・サマリー(29日) ドル/円 <JPY=> ユーロ/ドル <EUR=> ユーロ/円 <EURJPY=>
日本銀行 28日の外為市場出来高 ドル円 スポット 52億4700万ドル スワップ 385億7100万ドル ユーロドル スポッ
29日の日本国債市場概況:債券先物は一時149円07銭まで買われる <円債市場> 長期国債先物2016年3月限 寄付149円03銭 高値149円07銭 安値149円01銭 引け149円05銭 売買
通貨オプション ボラティリティー 前日比まちまち UD/JPY EUR/UD EUR/JPY GBP/UD 1WK 5.54 7.29 6.51 6.47 1M 7.37 9.80 8.32 7.64 3M
欧米為替見通し:2016年はドル高・円安継続か、“トランプ大統領”なら反転 2016年は引き続きドル高・円安の基調と予想する。米連邦準備制度理事会(RB)は年4回の利上げペースを堅
【ディーラー発】ユーロ売り先行も急反発(欧州午前) 欧州勢参入後はユーロ売りが先行し、対ドルで1.0959付近まで、対円では131円98銭付近まで軟化。しかし、同水準では押し目買い圧力も強く急速に反発、ともに序盤の下げ幅を埋め本日高値を更新。対ユーロでのポンド売りが波及するとポンド円が一時179円03銭付近まで、ポンドドルが1.4868付近まで急落。また、原油先物の上昇を背景に豪ドルドルが0.7279付近まで、豪ドル円が87円59銭付近まで買われ堅調。一方、ドル円は依然として120円前半での膠着状態が継続。18時16分現在、ドル円120.355-365、ユーロ円132.284-304、ユーロドル1.09886-894で推移している。
ロンドン市場 ポンド高 原油高に資源国通貨買い 本日は原油価格が反発しており資源国通貨が強く、ポンドも堅調な展開。年末を控えて全般的に調整が主体で
Ny金 時間外取引 年末控えた買戻し 東京時間17:03現在 NY金先物2月限(MEX)(時間外取引) 1オンス=1073.00(+4.70 +0.44%) NY金
17時時点の日経平均先物は日中終値比20円高の19000円で推移 17時時点の日経平均先物は日中終値比20円高の19000円で推移。為替市場では、ドル・円は120円30銭台、ユー
29日の中国本土市場概況:上海総合0.9%高で反発、金融株の上げ目立つ 29日の中国本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比29.96ポイント(0.85%)高の3563
ユーロは小幅高、年末・四半期末で値幅は狭い ユーロドルは1.0987ドルまで小幅高。1.0960ドルまで弱含んだ後に切り返す展開。ユーロ円は132.26円まで水準を切り上げたが、ユーロドルと同様に値幅は狭い。手がかりは特に見当たらない。
ドル円は20銭の値幅のまま、欧州株式市場は堅調 ドル円は120.30円付近で推移。東京タイムから20銭程度の値幅を維持している。欧州株式市場のオープン後もほとんど動意はない。英T100は低調だが、独DAXや仏Aは1%程度上昇し、堅調に推移している。179.53円までやや上振れたポンド円は上げ一服。加ドル円も伸び悩んでいる。
欧州株 上昇して始まる 東京時間17:00現在 英TE100 6261.86(+7.22 +0.12%) 独DAX 10744.25(+90.34 +0.84%)
引き続き需給改善が意識される展開に [JADAQ市況] JADAQ平均 2623.93 +13.41 /出来高 1億4041万株/売買代金 617億円J-tk ndex
Ny原油 時間外取引 反発 東京時間16:47現在 NY原油先物2 月限(WT)(時間外取引) 1バレル=36.89(+0.08 +0.22%) NY原油
マザーズ指数は続伸、売り先行もsoseiなどが買われ切り返す  本日のマザーズ市場では、前日にマザーズ指数が4%を超える大幅高となった反動で、利益確定売りが先行し
アジア・コモディティ騰落率ランキング=12/29営業日時点= アジア・コモディティ騰落率ランキング=12/29営業日時点= 上海異形鉄筋 1.84% 大連とうもろこし
熊谷組、dcm、ニチレイなど 日本郵政 1893 -82さえない。本日の引けでTOPIX組み入れが予定されている。みずほ証券では600億
大納会は2016年のテーマを意識した見直し買い強まるか【クロージング】 29日の日経平均は続伸。108.88円高の18982.23円(出来高概算15億7000万株)で取引を終えた。米株安や為替
ロイター: ビジネス 9
大株主からの資産売却圧力ない―独アディダスcfo=ft紙 [フランクフルト 29日 ロイター] – ドイツのスポーツ用品大手アディダスは、傘下のリーボックなどの資産売却を進めるようアクティビスト(物言う投資家)から圧力をかけられているとの見方を否定した。29日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙が報じた。
ロンドン市場 4連休明けのロンドン朝方はユーロ売り ロンドン勢は4連休明けの朝方、ユーロは主要通貨に対して軟調に推移している。ただし値幅は小さく、全般的
テクニカルポイント 豪ドル円 遅行線逆転で下方リスク テクニカルポイント 90.43 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間) 90.24 200日移動平均 88.47 一
東証業種別ランキング:水産農林が上昇率トップ、医薬品はほぼ全面高 本日29日は水産農林が上昇率トップ。日水が6%超の上昇で年初来高値を更新しており、このインパクトが大
日経平均は続伸、売り一巡後は切り返し19000円に迫る 日経平均は続伸。28日の米国市場では、中国株が下落した流れを受けて売りが先行したほか、NY原油先物相場
東京為替:ドルやや弱含み、原油価格の安値圏推移で 日経平均株価が切り返しているが、ドル・円は買いが強まっていないもよう。足元は120円30銭台で推移してい
クロス円はしっかり、欧州勢の参入でやや動意付く クロス円はしっかり。ポンド円は179.53円、加ドル円は86.83円、豪ドル円は87.49円、NZドル円は82.69円まで小高い。ポンドや資源国通貨が対ドルで底堅く、クロス円を押し上げている。欧州勢の参入によって動意の乏しかった東京タイムのレンジが広がっているだけであり、値幅は限定的。
ロンドン市場 欧州朝方は動意薄 資源国通貨は堅調 欧州朝方は動意薄。円とユーロに対してややドル買いが入っているものの値動きは限定的。全般的に年末モー
一部報道 イランは来年度について原油価格40ドルを想定 イランは来年度について原油価格40ドルを想定(つづきはこちらから)
日本株概況 日経平均は続伸 アジア株高が支え TPX 1543.39(+14.17 +0.93%) 日経平均 18982.23(+108.88 +0.58%) 東証マザーズ 8
ユーロドル、節目付近では売り興味 ユーロドルは1.0970ドル付近で推移。今月前半の欧州中央銀行(EB)理事会以降は反発の流れがあるが、節目の1.10ドル台に定着できず、上昇は足踏み状態にある。1.10ドル付近では戻り待ちの売りが厚みを増してきているとの観測もある。
ロイター: ビジネス 4
日経平均は続伸、中小型株物色が下支え 郵政3社は反落 [東京 29日 ロイター] – 東京株式市場で日経平均は続伸。原油価格の下落や米株安を嫌気し、序盤はさえない展開だったが、内需株の一角や中小型株などに買いが入り、底堅さを維持した。海外株の上昇も支援材料となり、日経平均は前日比で100円を超す上昇となった。ただ、年末相場で市場参加者は乏しく、東証1部の出来高は今年2番目の少なさだった。
【これからの見通し】ロンドン休み明けも年末モード 本日はロンドン市場が4連休明けとなるが市場全体は年末モード、取引は閑散が予想される。昨年はギリシャ総
これからの予定【発言・イベント】 30日 03:00 米5年債入札 ※予定は変更されることがあります(つづきはこちらから)
これからの予定【経済指標】 【米国】 *&Pケースシラー住宅価格(10月)23:00 予想 5.60% 前回 5.45%(20都市・前年比) *
日経平均大引け:前日比108.88円高の18982.23円 日経平均は前日比108.88円高の18982.23円(+0.58%)で大引けを迎えた。なお、TPXは同14.17p高の1543.39
東京為替:ドル動意薄、上海株は不安定な値動き ドル・円は午前に付けた今日の高値120円42銭を下回る水準で取引されている。足元は120円30銭付近で動意が
日経平均 大引け 108.88円高 18982.23円 日経平均 大引け 108.88円高 18982.23円(つづきはこちらから)
Klug クルーク 1
[]2015年度の東京都実質Gdpはマイナス成長の予想  12月21日に東京都総務局は、都内総生産の平成26年度速報及び平成27年度見込みを発表したが、この数字が
14時30分時点の日経平均は96円高、郵政グループ3社は小幅安でのもみ合い 14時30分時点の日経平均は前日比96.11円高の18969.46円。後場はしっかりの展開で、13時48分には本日の高
ドル120円前半で小動き、年末で市場閑散 [東京 29日 ロイター] – 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ変わらずの120円前半だった。年末で市場は閑散としており、朝方からの値幅は上下20銭程度にとどまった。欧州勢が参入してくれば少し動意が出る可能性もあるが、それまでは動きづらさが意識されている。
東京為替概況 小動き、年末で静かな取引 29日の東京市場は、小動き。年末らしい静かな取引となっている。ドル円は前日の海外市場で上値が重かった
米株価指数先物 時間外取引 小幅高 ダウ32ドル高 東京時間14:29現在 E-mn ダウ平均先物3月限 17470.00(+32.00 +0.18%) E-mn &P500先物3月限 20
■東京午後=株が底堅さ示すも、ドル円は120円前半で小動き 東京タイム午後の為替は小動き。日経平均株価は前日比で一時100円を超える上昇となったが、ドル円は120円前半、ユーロドルは1.09ドル後半で動きが鈍く、年末の手控え感が強い状態が続いた。ユーロ円も132.05円を下値に安値もみ合い。ポンドドルは1.49ドル付近、ポンド円は179円前半での振幅に終始した。 資源国通貨は、昨日に原油相場の調整にともなって軟化した加ドルに揺り戻しが入ったほか、オセアニア通貨もじり高。ドル/加ドルは1.3870加ドルまでわずかながら加ドル高。NZドル/ドルは0.6872ドル、NZドル円は82.65円、豪ドル/ドルも0.7270ドルまでじわりとレンジ上限を広げた。ただ、加ドル円は86円後半、豪ドル円は87円半ばで底堅さを示した程度。強い方向感はなかった。
【ディーラー発】全般的に小動き(東京午後) 日経平均が前日比100円超高まで上げ幅を拡大しているものの市場への影響は限定的。ドル円は120円前半で膠着状態となっているほか、クロス円もユーロ円が132円10銭付近で、ポンド円が179円前半で方向感なく推移。また、ユーロドルも1.0970付近で揉み合いとなるなど手掛かり材料難から全般的に動意薄。14時44分現在、ドル円120.330-340、ユーロ円132.057-077、ユーロドル1.09706-714で推移している。
12月の米10年債入札、投資ファンドの購入額は93.16億ドルに増加 [28日 ロイター] – 米財務省が28日に公表した調査によると、12月に実施された10年国債の入札で、大口の資産運用担当者による購入額は93億1600万ドルと前月を上回った。11月の購入額は88億6800万ドルだった。
アジア株 総じて堅調 台湾は半導体関連安い 東京時間14:02現在 香港ハンセン指数 21998.26(+78.64 +0.36%) 中国上海総合指数 3539.87(+6.
東京為替:ドル小動き、参加者の取引手控えで ドル・円は仲値にかけて120円42銭まで上昇したが、その後は小動き。足元は120円30銭付近で推移している。
14時時点の日経平均は前日比108.52円高、マザーズではアークン、ロックオンが大商い 14時時点の日経平均は前日比108.52円高の18981.87円で推移している。後場ここまでの高値は13時48分の18991
政治から読み解く【経済と日本株】民主・原口議員:政府から実際の合意文書を取り寄せ説明を受けます 民主・原口議員は「2015年12月28日ソウルにおいて日韓両国で合意されたとされる内容は、日韓請求権協定と
東京為替:ドルもみあい、「“トランプ大統領”なら売り」とディーラー ドル・円は120円30銭付近で推移している。2016年は米利上げ4回との観測から引き続きドル買い・円売りに振
13時35分時点の日経平均は97円高、メガバンクや武田薬が強い動き 13時35分時点の日経平均は前日比97.78円高の18971.13円。後場は断続的な先物買いも入り上げ幅を広げてい
東京為替:ユーロはもみあい、中国市場に警戒感 ユーロ・ドルは1.0980ドル付近でもみあう展開が続いている。市場では、前日の上海株や人民元の大幅安を背
中国:携帯emの深セン中天信電子が経営破たん、500人抗議集会 12月25日に経営破たんした深セン中天信電子有限公司で、従業員による抗議デモが続 いている。「労働契約」
【速報】日経平均の上げ幅は100円超に 13時19分時点の日経平均は前日比101.70円高の18975.05円。 <Y>
海外市場の注目ポイント(米経済指標) 本日は以下のような米経済指標が発表される。年末相場で手掛かり難となっているが、来年の米経済を占う上
東京市場 ドル円は120.30近辺に膠着、株式市場上昇も 午後に入って日本株は上昇しており、まさしく「掉尾(とうび・ちょうび)の一振」の感がある。一方、ドル
日経平均 一時100円超高 18985.93円まで上昇 日経平均 一時100円超高 18985.93円まで上昇(つづきはこちらから)
通貨ペア別 売買動向 豪ドル円の低下が目立つ 【通貨ペア別 売買動向(単位:%)】 ◆ドル円 2015/12/22 75.1 2015/12/23 76.7 2015/12/24 78.5
日経平均 上げ幅拡大、1万8900円台回復 日経平均は後場は堅調。53円高の1万8927円となっている。(つづきはこちらから)
13時時点の日経平均は前日比66.17円高、村田製、東芝が上昇 13時時点の日経平均は前日比66.17円高の18939.52円で推移している。ランチバスケットは約30億円の買い越し
テクニカルポイント ドル円、120円台後半が重い 123.71 ボリンジャーバンド 2σ上限(21日間) 122.29 一目均衡表・雲(上限) 122.27 エンベロープ1
日経平均は18円高で後場スタート、プラス圏を回復し今日の高値を更新 [日経平均株価・TPX(表)] 日経平均;18891.71;+18.36TPX;1533.73;+4.51 [後場寄り付き概況] 日
後場に注目すべき3つのポイント~短期資金は掉尾の一振を意識した動きに 29日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ・短期資金は掉尾の一振を意識した動きに ・ド
東京為替:ドル・円は120円53銭付近、ポジション調整の売り 29日の東京外為市場でドル・円は120円53銭付近。ポジション調整の売りが観測されている。 ドル・円は120
東京為替:ドルやや弱含み、ポジション調整の売り 29日の東京外為市場で、ドル・円はやや弱含む展開となった。ポジション調整の売りが観測されている。 ド
日経平均こう着の中、短期資金は掉尾の一振を意識した動きに [日経平均株価・TPX(表)] 日経平均;18873.27;-0.08TPX;1532.06;+2.84 [後場の投資戦略] 出来高
ユーロ円オーダー=131.55円 本日Nyカットp 134.00円 売り厚め 133.50円 売り 132.80-3.00円 断続的に売り 132.50円 売り 132.10円 12/29 13:17現在(高値132.23円 – 安値132.05円) 131.55円 P29日NYカット 131.50円 買い 131.20円 買い 131.00円 買い 130.55円 P29日NYカット 130.50円 買い 130.45円 P29日NYカット ※オプション(P)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。
ユーロオーダー=上下に本日Nyカットp 1.1030-60ドル 断続的に売り 1.1000ドル 売り厚め、P29日NYカット大きめ 1.0978ドル 12/29 13:17現在(高値1.0983ドル – 安値1.0968ドル) 1.0905ドル P29日NYカット 1.0870-80ドル 断続的に買い 1.0850ドル 買い 1.0800ドル 買い厚め・割り込むとストップロス売り 1.0790ドル 断続的に買い・割り込むとストップロス売り ※オプション(P)設定水準の手前では防戦の売買が、抜けたところではストップロスの売買が活発化しやすい。また、期限(カットオフタイム)に向けて設定水準に収れんする動きを見せる場合もある。 オプション数量表現の目安 大きめ:10億通貨単位以上、非常に大きめ:20億通貨単位以上、極めて大きめ:30億通貨単位以上。
日経平均 18.36円高の18891.71円で後場寄り付く 日経平均 18.36円高の18891.71円で後場寄り付く(つづきはこちらから)
通貨オプション リスクリバーサル ドル円 0.85-1.18 円コールオーバー ユーロ円 0.36-0.99 円コールオーバー ポンド円 0.6
ユーロ円 買い・p控える131.50円付近で底堅さ示すか ユーロ円は132円前半で推移している。昨日は132.46円が高値で、132.50円に控えた売りオーダーを前に伸び悩んだ格好。ただ、下値131.50円には以前からの買いオーダーが置かれたままであるほか、本日は同水準にNYカットのオプション(P)も観測されている。プット(売り権利)Pで、P権利行使が有効になる水準手前で、防戦のユーロ買いが入る可能性がある。
豪ドル円 動き抑えそうなpまでやや上値余地 昨日の豪ドル円は、同日NYカットのオプション(P)が置かれた87.60円付近を戻り売りゾーンとした重い動きだった。本日は88.94円から89.99円まで、それぞれ規模は大きくないが複数の豪ドル・コール(買い権利)/プット(売り権利)P混在のポジションが観測される。同水準が戻り売りのポイントになりそうだが、現水準からすればやや上値余地がある。
東京市場 午前は小動き、ややドル売り優勢 29日の東京市場午前の取引は、小動きのなかで、ややドル売りが優勢。ドル円は前日の海外市場で上値が重か
日経平均こう着の中、短期資金は掉尾の一振を意識した動きに 日経平均はこう着。0.08円安の18873.27円(出来高概算7億株)で前場の取引を終えた。クリスマスの祝日明
米株価指数先物 時間外取引 横ばい圏内での推移 東京時間11:59現在 E-mn ダウ平均先物3月限 17459.00(+21.00 +0.12%) E-mn &P500先物3月限 20
日本株 前場概況 日経平均は前日比横ばい 内需関連が堅調 日本株 前場概況 日経平均は前日比横ばい 内需関連が堅調 東京時間11:58現在 TPX 1532.06
東京為替:ドルは120円30銭近辺で推移、東京株反転への期待残る ドル・円は120円30銭近辺で推移。日経平均株価は前日比8銭安で午前中の取引を終えた。午後の取引で株価上
東京為替:ドルは120円33銭近辺で推移、東京株高期待は持続  ドル・円は120円33銭近辺で推移。日経平均株価は前日末近辺の水準で推移しているが、株高への期待は失わ
ロイター: ビジネス 3
午前のドルは120円前半で小動き、欧州勢復帰まで動きづらさ [東京 29日 ロイター] – 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の120.28/30円だった。仲値付近に動きが見られたものの、午前の取引はおおむね低調。値幅も20銭程度しか出なかった。
前場の日経平均は横ばい、医薬品や内需系がしっかり [東京 29日 ロイター] – 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比0円08銭安の1万8873円27銭と横ばいだった。原油価格の下げや米株安が投資家心理の重荷となる一方で、新年相場への期待感などを背景に中小型株が強含み、指数を下支えした。
バルチック海運指数 12/28はボクシングデー振り替えのため休場 バルチック海運指数 12/28はボクシングデー振り替えのため休場
日経平均 前引け 0.08円安 18873.27円 日経平均 前引け 0.08円安 18873.27円
【ディーラー発】ドル円下げ渋り(東京午前) 小幅安で寄付いた日経平均の下げ幅拡大に伴い、リスク回避の円買いが先行。ドル円は昨日安値に迫る120円23銭付近まで値を落とすも、仲値にかけ実需の買いが持ち込まれると一転120円42銭付近まで急伸。また、クロス円もドル円に連れ高となり、ユーロ円が132円23銭付近まで、豪ドル円は87円42銭付近まで上昇。しかしその後は、目立った判断材料に乏しく株価動向に左右される神経質な相場展開となっている。11時51分現在、ドル円120.302-312、ユーロ円132.084-104、ユーロドル1.09760-768で推移している。
東京市場 ドル指数は軟調 10+21日線デッドクロスへ ドル指数(DXY)は前日比-0.039の97.880での推移。12/17にMの利上げを受けて上昇したあとは、低下傾向
11時時点の日経平均は小幅続伸、モリテックスやアルパインが東証1部上昇率上位 11時00分現在の日経平均株価は18876.95円(前日比3.60円高)で推移している。28日の米国市場では、中国株
アジア株 高安まちまち、原油安で資源関連株軟調 東京時間11:01現在 香港ハンセン指数 21952.93(+33.31 +0.15%) 中国上海総合指数 3546.38(+12
通貨オプション ボラティリティー 期近中心に低水準が継続  UD/JPY EUR/UD EUR/JPY GBP/UD 1WK 6.00 7.05 6.67 6.49 1M 7.52 9.80 8.48 7.67 3M
東京為替:ドルは120円35銭近辺で推移、アジア株高期待でリスク回避の円買い縮小か ドル・円は120円35銭近辺で推移。日経平均株価は小幅高で推移しており、株高継続を期待してドルは底堅い動
(中国)上海総合は0.15%安でスタート、原油安や人民元下落などを警戒 29日の上海総合指数は売り先行。前日比0.15%安の3528.40ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時36分現在、
(中国)16年の成長率は6.7%の見通し、引き続き減速圧力 中国政府系シンクタンクである社会科学院はきのう28日、NAEマクロ経済情勢の分析会を主催した。ここでは
10時30分時点の日経平均は前日比21.21円安、日水が大商いで売買代金ランキングトップ 10時30分時点の日経平均は前日比21.21円安の18852.14円で推移している。ここまでの高値は10時13分の18875.
東京為替:ドルは120円35銭近辺で推移、株価反転でドルは底堅い動きに ドル・円は120円35銭近辺で推移。日経平均株価の下げ幅は縮小しており、株価反転の可能性があることから、
人民元:オンショア市場で4年半ぶりの安値、中国当局のストレス・テストか 人民元の対米ドル為替レートはきのう28日、オンショア市場では1米ドル=6.488元で取引され、約4年半ぶりの
概況からBRを知ろう~インドENEX指数は反発、自動車セクターが指数の上昇をけん引 【ブラジル】ボベスパ指数 43764.34 -0.57% 28日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は
■東京午前=市場参加者が少なく、動意薄 東京午前の為替相場は動意薄。原油安や欧米株安を背景に、反落して寄り付いた日経平均も一時プラス圏に浮上するなど方向感に欠ける動きで、手がかりとはならなかった。仲値にかけた実需筋の動意も見られず、ドル円は120.24円を安値に120円前半でもみ合い。 ユーロ円は132円前半、ポンド円は179円前半、豪ドル円は87円前半、NZドル円は82円半ば、加ドル円は86円後半の狭いレンジ内で推移。対ドルではわずかにドル安。ユーロドルは1.0983ドル、ポンドドルは1.4905ドル、豪ドル/ドルは0.7263ドル、NZドル/ドルは0.6865ドルまで小幅高。昨日に反落したNY原油先物は36ドル後半で戻りの鈍い動きとなったが、ドル/加ドルは1.3871加ドルまで調整による加ドルの戻りがやや優勢となった。 年末休暇で午後も動意は期待できそうもなく、ドル円は120円前半でのもみ合い相場が続きそうだ。120円半ばに
午前まとめ=ドル円120円前半、日経平均も動意薄 ・日経平均は小動き、前引けは昨日の大引けと変わらず ・年末休暇で市場参加者が少なく、方向感に欠ける動きが続く ・ドル円は120円前半、ユーロドルは1.09ドル後半で小動き
東京金 反落 原油相場につれ安 東京時間10:27現在 東京金先物12月限(TM) 1グラム=4119.00(-14.00 -0.34%) NY金先物2月限(
中国株 上海総合指数は0.15%安で取引開始へ 中国株 上海総合指数は0.15%安で取引開始へ(つづきはこちらから)
香港株 ハンセン指数は0.02%高で取引開始へ 香港株 ハンセン指数は0.02%高で取引開始へ(つづきはこちらから)
中国人民銀行 人民元中心レート 1ドル=6.4864元(前営業日比0.0114) 中国人民銀行 人民元中心レート 1ドル=6.4864元(前営業日比0.0114) 過去5営業日の推移 15/12/28
日経平均、Tpxともに一時上昇に転じる 日経平均、TPXともに一時上昇に転じる(つづきはこちらから)
Ny原油 時間外取引 36ドル台後半、前日から一段安 東京時間10:02現在 NY原油先物2月限(WT)(時間外取引) 1バレル=36.72(-0.09 -0.24%) NY原油
10時時点の日経平均は前日比31.32円安、トヨタ自、日本郵政がさえない 10時時点の日経平均は前日比31.32円安の18842.03円で推移している。原油価格低下に伴う米国株安などが影響
東京市場 ドル円は仲値にかけて円安推移 ドル円は120.25近辺までジリ安になっていたが、仲値公示直前に買いが入ると120.42レベルまで急伸。仲値は
東京仲値 三菱東京Uj銀行 120.45円 東京仲値 三菱東京UJ銀行 120.45円
東京為替:ドルはやや伸び悩み、中国本土株の動向を注視する展開に ドル・円は120円25銭近辺で推移。日経平均株価の下げ幅はやや縮小しているが、ドルは伸び悩み。仲値時点の
日経平均は39円安、東証1部値上がりは715銘柄、値下がりは1042銘柄 09時45分時点の日経平均は前日比39.37円安の18833.98円。28日の米国市場では、中国株が下落した流れを受
日経平均は29円安でスタート、利益確定売りが先行 [日経平均株価・TPX(表)] 日経平均;18843.39;-29.96TPX;1527.59;-1.63 [寄り付き概況] 日経平
東京為替:手掛かり材料不足で動意薄の状態が続くか ドル・円は120円30銭近辺で推移。日経平均株価は50円安で推移しているが、株価動向に対する目立った反応は
ドル円 120円前半で上値重いも、他通貨ではわずかにドル安 ドル円は120.24円を安値に下げ渋るも、120円前半でやや上値の重い動き。反落して寄り付いた日経平均は、プラス圏に浮上するなど底堅い。 他通貨ではわずかにドル売りが優勢で、ユーロドルは1.0983ドル、ポンドドルは1.4898ドル、豪ドル/ドルは0.7263ドル、NZドル/ドルは0.6865ドルまで小幅高。時間外取引でのNY原油先物はやや売りが優勢で、軟調な動きが続いているが、ドル/加ドルは1.3879加ドルまで調整による加ドルの戻りが進んだ。
東京株式市場 日経平均は一時1万8700円台も下げは限定的 東京株式市場 日経平均は一時1万8700円台も下げは限定的 29日の東京株式市場、日経平均は下落でスター
mm通貨先物 12月22日付 資源国通貨 Nzドルが売り越しに転じる MM通貨先物 12月22日付 資源国通貨 NZドルが売り越しに転じる 加ドル 56027枚の売り越し 5018枚
mm通貨先物 12月22日付 主要通貨 ドルの買い越しが増加 MM通貨先物 12月22日付 主要通貨 ドルの買い越しが増加 円 30367枚の売り越し 3787枚の売り越し
寄り付きの日経平均は反落、米株安が重し [東京 29日 ロイター] – 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比29円96銭安の1万8843円39銭と反落した。原油価格の大幅な値下がりを受けて前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、売りが先行した。
ドル円理論価格 1ドル=121.09円(前日比+0.06円) ドル円理論価格 1ドル=121.09円(前日比+0.06円) 割高ゾーン:121.65より上 現値:120.40 割安ゾー
本日の新規投信設定情報 2015/12/29 ファンド名/投信会社 グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)201
東京市場 ドル円上値重い、日経平均は売りで始まる ドル円は120.30近辺に再び軟化している。日経平均は取引序盤に50円安水準と小安い。ただ、クロス円はまち
日経平均 寄付き 29.96円安 18843.39円 日経平均 寄付き 29.96円安 18843.39円(つづきはこちらから)
個別銘柄戦略:topixリバランスの郵政グループの動向注目だが 欧米株式市場は薄商いで小動き、東京市場にも海外投資家の資金流入期待は高めにくいだろう。中国市場で
今日の日経平均はこうなる~18700-19000円のレンジを想定 【小幅高となる】18700-19000円のレンジを想定=村瀬 智一 28日のNY市場は下落。中国の11月工業利益が6ヶ
前場に注目すべき3つのポイント~Tpxリバランスやテーマ株物色の広がりに関心 29日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。 ■株式見通し:TPXリバランスやテーマ株物色の
Tpxリバランスやテーマ株物色の広がりに関心  29日の東京市場は原油安を受けて利食い先行となろうが、その後は底堅い相場展開が期待される。休み明け2
利食い一巡後は節目の19000円を意識 [本日の想定レンジ] 28日のNY市場は下落。中国の11月工業利益が6ヶ月連続の減少となったほか、同国の新
今日の為替市場ポイント:ドル・円は120円台で推移か、材料不足でポジション調整的な売買が主体となる見込み 28日のドル・円は、東京市場では120円14銭から120円61銭まで上昇。欧米市場でドルは120円21銭まで下落し
世界で最も住みやすい都市、2015年は東京 英誌「Mnle」はこのほど、年一度の「生活品質調査」に関する報告を発表した。ここでは、東京が2015年の
日経平均は小幅安で取引開始、ドル円は上値が重い 【※表記を一部修正します。】 日経平均は前日比-29円で取引を開始。原油価格が37ドル台を割り込むといった不安要素もあり、ドル円は120.28円前後と上値が重い。ユーロ円も132.05円まで下押すなど、ややリスク回避を意識した円高圧力が感じられる。産油国通貨の加ドルも、加ドル円が一時86.57円、ドル/加ドルは1.39加ドル付近と加ドル安水準で推移。

 
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です